2019年 マレーシアにおけるビジネス機会セミナーに参加してきました。

2019年11月29日(金)神戸で行われた当セミナーに参加してきました。マレーシア国際通商産業大臣ダレル・レイキング氏やマレーシア投資開発庁長官アズマン・マフムド氏が基調講演を行うほか、パネルディスカッションが行われました。会場には100社程の日系企業、マレーシアからは50社以上の参加者がいるように見受けられ、非常に活気のあるセミナーでした。

日本は、中国・アメリカ・シンガポールについで、4番目の投資国となります。双国が友好的に、日本はマレーシアと、マレーシアは日本と、より良い関係性であることが伺えました。

現在の首相であるマハティール氏は、

2020年までにマレーシアの先進国入りを目指し、

2030年までに全てのマレーシア国民に繁栄が行き渡る環境にする

という目標を掲げておられます。今後輸出入分野への一層の注力が見込まれます。

さらに、パネルディスカッションでは、クアラルンプールのGDPが高水準であることが述べられ、今後高付加価値サービスのサービスの需要性がさらに高まることが想定されるという貴重な意見も伺えました。

個別ビジネス相談会

また、セミナー後には何社かの企業様との商談を行いました。今回は先日に引き続きマレーシアをはじめアジア企業に向けた日本サービスの提案を行いました。

サバ州政府
NGO団体様

大変活況なイベントでした。マレーシアの企業も日本企業の誘致に大変興味を持っておられる様子でした。

弊社では、マレーシアに興味のある企業様への情報提供やマッチング、アレンジなども行なっております。お気軽にお問い合わせください。


KOSUKE

1989年兵庫県生まれ。関西大学卒業後、大手人材会社に入社。その後クラウドソーシング事業会社のセールスとして、当時未開拓であった大手上場企業のアカウント開拓を多数獲得。2017年からは時計ブランド創業期に参画し、社長室長としてPR・マーケティングに従事。3年間で1万本の販売、事業売却までを経験。アジアのマーケットに大きな魅力と可能性を感じ、日本企業と海外との取引を支援する目的として、2019年1月に株式会社KANGENを設立。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です