2020年2月4日(火)に実施されました、マレーシアセミナー~ASEAN進出とグローバル人材の活躍から見る日本企業のグローバル戦略~ に参加いたしました。マレーシア経済と市場の最新状況や、産業人材など様々な概況を伺いました。

特にマレーシアは、世界でも有数のスマホ・SNS利用国です。1日あたりの利用時間は8.27時間(SNS 3時間)と、日本(SNS 0.45時間 ネット 4.17時間)と比べても2倍近い利用時間とのこと。

モバイル決済浸透率についても、モバイルバンキングが42%、配車サービスが66%と、高い水準にあります。それに比して、日本はモバイルバンキングが24%、配車サービスに関しては、2%とアジアの中でもっとも低い水準です。

また小売店では、日本食材の売り場や、日本産の焼き芋や果物の販売も行われているとのことでした。

引き続きアジアの情報をキャッチしていきたいと思います。

※文中の数値は、2020 Japan External Trade Organization より引用


KOSUKE

1989年兵庫県生まれ。関西大学卒業後、大手人材会社に入社。その後クラウドソーシング事業会社のセールスとして、当時未開拓であった大手上場企業のアカウント開拓を多数獲得。2017年からは時計ブランド創業期に参画し、社長室長としてPR・マーケティングに従事。3年間で1万本の販売、事業売却までを経験。アジアのマーケットに大きな魅力と可能性を感じ、日本企業と海外との取引を支援する目的として、2019年1月に株式会社KANGENを設立。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です